病院概要
アクセスカウンタ
今日 : 151
昨日 : 359
総計 : 2166035
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

栄養管理室

栄養管理室では、患者さんの食事の提供や栄養指導を行っております。
病院の食事は、患者さん個人の疾病や身体状況に合わせた食事であり、食事の種類は、常食、軟食、小児食などの一般食、糖尿病食、高血圧食、心臓病食などの治療食、更にミキサー食、キザミ食といった形態調整食を合わせると約100種類にもなります。
病院の食事は、患者さん個人の疾病や身体状況に合った食事なのです。
病院の食事は、治療の一環と言われますが、やはり、患者さんが美味しいと思う食事を提供したいと考えています。
患者さんに満足してもらえるように、栄養士と調理師が一丸となって努力しております。

メンバー

主任栄養士 小泉加奈子、栄養士 冨手保果、調理師長 成田泰彦、主任調理師 高橋京子

医療スタッフの一員として治療や患者QOL向上に貢献できるように、誕生日リクエスト食やNST活動などの取り組みを行っております。

栄養管理室の取り組み

・誕生日リクエスト食の実施

当院のリハビリテーション科では、入院生活が長期間に及ぶ場合が多いことから、患者QOL向上を目的として、誕生日に患者本人の好きな料理を提供しております。





・NST活動

当院では、平成15年4月からNST(栄養サポートチーム)を設立して、褥瘡、誤嚥性肺炎、低栄養、肥満、患者QOL向上等の対策を行っております。



・嚥下障害食の提供

誤嚥性肺炎対策の1つとして、嚥下障害食の提供を行っております。嚥下障害食とは、誤嚥を防止するために、ゼラチン等を使用して料理をゼリー状にした食事です。



医師募集

五葉山のシロバナシャクナゲをデザインしたものです。
詳細はこちら